青汁 比較

青汁で失敗したくないなら

青汁のメリットは栄養面で野菜不足が補える事ですが・・・・

農薬まみれの野菜が使用されてたら意味がない!

青汁は、本来は健康のために飲むものなのに
肝心の青汁の原料が信頼できないものでは全く逆効果になってしまいます。

青汁の原料がどんな環境で栽培されているか公開してるか

厳しい品質管理が出来ているか

添加物が含まれていないか

上記条件をクリアしてる青汁を選ぶ事で失敗するリスクは少なくなります。

ケール・大麦若葉・明日葉など原材料の違いは好みの問題です。

ケール・大麦若葉・明日葉それぞれに栄養成分の違いがあり味も違います。
原料によって効能が違うので青汁を飲む目的によって選んでください。

ケール・大麦若葉・明日葉など原材料の違いと特徴

ケール・大麦若葉・明日葉など青汁の原材料の違いは目的と味の好みで選ぶのが長く青汁を飲み続けるコツです。

ケールは最も代表的な青汁の原料

ビタミン・ミネラルの栄養バランスが優れており、ビタミンA、B1、B2、C、食物繊維、カルシウム、リン、カリウムが豊富です。抗酸化物質であるメラトニン抗癌作用のあるインドール化合物なども含まれており、抗酸化作用も期待できます。活性酸素は老化や生活習慣病の主な原因です。

大麦若葉はケールの次に青汁の原料に良く使われている

ビタミンB1、ビタミンC、ベータカロチンなどのビタミン類や、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラル類、食物繊維が非常に豊富です。また活性酸素を抑制するSOD酵素や、グルコシルイソビテキシンも含んでいます。味に癖がないのが特徴で、ケールの青汁が苦手な方にも好まれる傾向があります。

明日葉はセリ科の野菜

葉緑素、食物繊維、ビタミン、ミネラル類をバランスよく含む。特有成分であるカルコンには血圧を下げたり血栓を防いだりする効果や、胃酸の分泌を抑え潰瘍を鎮める作用、アレルギーを抑える作用や強い抗菌作用などがあります。冷え症とむくみ解消につながるカリウムも豊富なので、冷えとむくみが引き起こすセルライトの解消にも効果が期待されます。

お勧めできる青汁ランキング


  • えがおの青汁

    ふるさと青汁
    えがおの青汁は、青汁の飲みにくさを解消するために、主成分に国内産の大麦若葉を使用しています。与那国島の長命草、高知県の三州生姜をバランスよく配合してるのが特徴です。
  • キューサイ・はちみつ青汁

    キューサイ・はちみつ青汁口コミ
    キューサイのはちみつ青汁は、国産ケールをまるごと100%原料に使用した質の高い青汁にはちみつをプラスすることで飲みやすく美味しい青汁になってるのが特徴です。
  • ファンケル・青汁

    ファンケル・青汁
    ファンケルの青汁は、ケールを栽培する土壌に中嶋農法を採用し、ケールの質にもこだわっていますが、ミネラルの吸収を促進させる植物性ツイントースを配合してるのも特徴です。
  • ふるさと青汁

    ふるさと青汁
    ふるさと青汁は、八丈島で栽培された明日葉が使用されています。さらに伊豆諸島大島産の明日葉、熊本県産の大麦若葉、島根県の桑の葉をバランスよく配合してるのが特徴です。
  • 青汁三昧

    青汁三昧口コミ
    青汁三昧は、ミネラルやビタミンがたっぷりのゴーヤ、ケール、大麦若葉を使用しています。青汁の中でも美味しく飲める抹茶風味が特徴です。定期コースだと送料が無料で青汁三昧1箱6000円が半額の3000円になります。
  • やずやの養生青汁

    やずやの養生青汁 口コミ
    やずやの養生青汁の原料に使用されている大麦若葉は、栽培過程において農薬・化学肥料を一切使用していません。また、ハト麦エキスによる甘みがあるため味や匂いにクセがなく非情に飲みやすくなっているのが特徴です。
  • 遠藤青汁

    遠藤青汁口コミ
    遠藤青汁は、元倉敷中央病院長の遠藤仁郎博士が、人間が本来もっている自然治癒力を高めるためにケールから絞った青汁を飲むことを推奨したことから出来ました。凝固剤や甘味料・着色料などの添加物は一切使用してないのが特徴です。